バイト成功術|いいバイト先で楽しいバイト生活

いい条件のバイトの探し方

バイト探しをする場合、何を基準に探していますか?職種、募集時間帯など色々な探し方があると思いますが、やはり誰でも思うのが、いい条件でバイトをしたい、ということ。では、いい条件のバイトはどのように探すといいでしょうか?

 

平均時給を知る

まずは、いい条件=時給が高いという考え方があります。職種によって平均の時給は変わります。また、働く地域でも変わります。ここで気をつけてほしいのが、時給がよければいいというわけではありません。わざわざ時給のいいところまで電車で出かけていって、交通費がかかってしまうようであればあまり意味はないと思います。だったら、自転車で通えて交通費が浮くほうが、時給が安くても最終的にもらえる金額は高くなるのではないでしょうか。また、平均時給はそれぞれ職種によりますので、金額が高いと思って働き始めたら、かなりきつい仕事である可能性もあります。いい条件というのはただ時給がいいというだけではなく、総合的に判断して、その仕事に対してもらえる時給が高いかどうかで判断しましょう。

 

いい条件は働く環境も大事

ただ時給が高いだけがいい条件ではありません。実際にどんな環境でバイトをすることになるのか、それも条件の一つです。とてもやりがいがあり、オーナーも優しい…そんなアルバイトができれば最高だと思います。でも、毎日怒られてばかり、友達もできないなんてバイト先では、いくら時給が高くてもいい条件とはいえないでしょう。バイトはただお金を稼ぐための場所ではなく、人とコミュニケーションをとって自分が人として成長するための場所なのです。

 

バイト情報誌はこまめにチェック

バイト情報を載せている雑誌や、ホームページなどでもいいので、バイト探しをしているときは細かくチェックしてください。週に1回や2回ぐらいの更新だと思いますが、いい条件でみんなが希望するものは早く募集を締め切る可能性もあります。見つけたらすぐ動き始める!といったスピーディーさが必要です。

 

いい条件のバイトを探す方法をお話しましたが、要するに自分がどんな仕事をしたいか、何ならやりがいを感じられるかといったことを大事にしていると、自然といい条件のバイトに出会えるはずです。たまにカフェやよく出かけるショップなど、店頭でバイトを募集していることもありますので、バイト探しをしているときはこまめにチェックしてください。短期バイト

 

 

最近のバイト事情

 

新生活が始まるタイミングで、バイトも入れ替えが行われます。今まで働いていたバイトの人が、新生活の就職などで退職し、その後新生活でバイト探しをしている人が入ってくる…という繰り返しです。そこで、最近のバイト事情を探ってみましょう!

 

相変わらず、居酒屋は人気

特に大学生に人気があるのが、居酒屋でのアルバイトです。深夜まで働けることもあり、儲かりやすいという点が人気のポイントです。また、大きな声を出すので人見知りが治る人もいます。アルバイト経験が自分の生活をも変えることがあるのですから、何のバイトをするか、結構大事な問題です。居酒屋は大学生が多く、一度に勤務している店員の数も多いので、同じ年代のアルバイト同士で仲間も増えます。

 

おしゃれカフェの人気急上昇

最近はランチをカフェでしたり、夜カフェで集まったりとカフェがかなりブームを迎えています。少し前までは喫茶店などといって、若い年代よりもわりと年配の人たちが通うところのイメージがありましたが、カフェが多く利用されるようになってから、アルバイトも若い大学生やフリーターが多くなっています。制服やお店がおしゃれで、働いている側も気分が上がります。

 

アパレル販売は希望する女性が多い

洋服を売るアパレル販売員。やはり販売員はおしゃれを存分楽しみながらバイトができるので、華やかさもあるアルバイトです。ただ、学生はあまり募集していないことが多いです。アパレル販売の場合は、週に5日フルタイムで入ってくれるフリーターなどのほうが重宝されると思います。

 

コンビニなら働ける場所たくさん

街中にたくさんあるコンビニ。アルバイトが多く働ける場所です。しかも、たくさんコンビニはあるので、そこのコンビニで不採用だったらこっち…とバイト探しをしている人も多いでしょう。24時間営業がほとんどなので、深夜でも早朝でも、働ける時間を見つけてバイトをすることができますよ。

 

最近のバイトは、定番のバイト先から、ちょっとおしゃれで人気が急上昇中のバイト先まで、色々とあります。まずは自分の働く時間帯を考え、適しているバイトを探してみてください。そして、働きたいと思える職種を選びましょう。アルバイトは何事も経験といいますから、やってみたいと思う職種に挑戦してみるのもいいでしょう。

 

 


このページの先頭へ戻る